Back

NTTドコモ、5G通信を強みにe-Sports事業に参入―スマホ版『PUBG』『League of Legends』大会の運営を2021年から開始

2020-11-05|by : GameLoop
share to facebookshare to twittershare to redditshare to tumblrshare to pinterest

NTTドコモは、e-Sports事業に参入し、e-Sportsリーグの運営を開始すると発表しました。2021年2月から運営するのは、スマートフォン向けバトルロイヤル『PUBG MOBILE』の「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」。プロ契約の選手が参戦し、年間を通じて試合を開催するとのことです。また同年、Riot Gamesとのパートナーシップによりスマートフォン向けMOBA『League of Legends:Wild Rift』の大会も開催予定です。

1105 02

同社は、「5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたe-Sportsリーグを開催することで、e-Sports産業を盛り上げていきます」とコメントしており、5G通信によって拡大するモバイルゲーム市場を視野に、運営規模を大きくしていく計画を明らかにしています。なお、同社は、これらの大会の運営にあたってチームオーナーとスポンサーを募集中。

NTTドコモは5日、eスポーツ事業に参入し、人気のバトルロイヤルゲームを用いたリーグ戦「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON1」を2021年2月に立ち上げることを発表した。

1105

 『PUBG MOBILE』は最大100人が同時対戦できるバトルロイヤルシューティングゲーム。全世界で月間1億人がプレーしており、2018年の配信以来、全世界総ダウンロード数6億(2019年12月時点)を達成したほか、世界中で大会が開催されるなど高い人気を誇る。

1105 03

 プロ契約した選手が16チームに分かれて年間合計100試合を戦う。賞金総額は3億円。賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証する。

 NTTドコモは、「eスポーツの日本における市場規模は2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定されており、成長が見込まれる産業です。近年主流になりつつあるオンライン対戦などネットワークを介して他者と一緒にゲームを楽しむスタイルは、5Gによりさらに大きく加速していくと考えています」とし、「大容量通信の5Gを活用した、より臨場感のある快適なプレー環境を提供し、eスポーツ産業を盛り上げていきます」としている。また、2021年にはRiot Gamesとのパートナーシップで「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定しているという。

HOT DOWNLOAD
Call of Duty: Mobile
Unduh
PUBG Mobile
Unduh
Free Fire
Unduh
返回顶部